sessanの日記

主に開発技術関連でお勉強したことをまとめていくサイトです。

家事の自動化 食器洗い乾燥機(Panasonic NP-TR9)編

前回、ルンバによって家事を自動化する記事を書いてみたけど、特にページビュー数が増えたとか傾向が変わることはなかった。 別にページビューを増やそうと思って書いてないからいいのだけど。

で、今回は、前回に引き続き自分が嫌で嫌で仕方がなかった食器洗いを自動化して、その浮いた時間がどれくらいでコストパフォーマンスがどれくらいだったか、という話。

今回導入した食器洗い乾燥機は、Panasonicの NP-TR9(以下NP-TR9と記載する)。

NP-TR9導入前の状況

NP-TR9を導入する前は、当然ながら手で洗っており、以下のような状況であった。

  • 平日、朝と昼の分はまとめて昼の後に食器を洗う。夜の分は食後に洗う。昼と夜それぞれ15分近くかけて洗う。
  • 洗う量は、大人2人と子ども1人分。ただ、食事を作るときの鍋やボールなども入れるとそれなりの量の洗い物が発生する。
  • 料理を作る人と後片付けをする人が異なるので、作る人は料理中に使用した器具の洗い物とかあまり気にしてくれない状態であった気がする。自分で洗うとなると作っている最中から洗っておいたり、なるべく同じ器具を使いまわして洗い物を減らそうとするインセンティブが働きやすいと思う。
  • 食器洗いは、手動でやる場合、並列処理ができないので洗い物の量が多いと結構時間がかかり作業そのものに退屈する。
  • 昼間は一人だが、夜に食器を洗っている間、子どもの相手は洗っていない母親が行う。ただでさえ母の方になついているのに、父親は子どもと接する時間が短くなってしまっている。
  • うちのキッチンの水道はオール電化でお湯もでる仕様なのだが、なぜだかお風呂ではなくキッチンはお湯が出るまでに時間がかかる。しばらく水を流し続けるか、早く洗いたければ冷たい水で洗わなければならない。
  • 洗っている最中はお湯をいちいち止めるのが面倒なので流しっぱなしで洗うが、そうすると給湯器で沸き上げておいたお湯が消費されてしまい、お風呂中にお湯が残り少なくなって恐る恐るお湯を使うような場合がある。

導入した機種

パナソニック 食器洗い乾燥機用分岐栓    CB-SSG6

パナソニック 食器洗い乾燥機用分岐栓 CB-SSG6

スーパー モーターレンチ MF230

スーパー モーターレンチ MF230

ハイウォッシュ ジョイ 除菌 食洗機用洗剤 本体 700g

ハイウォッシュ ジョイ 除菌 食洗機用洗剤 本体 700g

購入した食器洗い乾燥機は、PanasonicのNP-TR9-W(ホワイト)。 自分が調べた限りではビルトイン型の食洗機はドイツ製のミーレのものが良さそうであったが、 うちは賃貸なので、据え置き型のものを買うことにした。日本のメーカーでまともそうなのは ほぼPanasonicだけであったので、とくに迷うことはなかった。 NP-TR9は、80℃のお湯で洗うので手動で水道のお湯を使うのと違い豚や牛の油(50℃〜60℃くらいで水に溶けるのだそう)も 溶ける状態で洗うことができ、洗い上がりが良いとのこと。

ちなみに食器洗い乾燥機を使う場合、キッチンの水栓から水を分岐させて使うので分岐水栓が必要。 で、この分岐水栓は使っているメーカーの機種に対応したものを買う必要がある。 また、うちのキッチンの水栓は、TOTOのTKHG38Pなのだが、これに対応する機種を分岐水栓を探すことになった。

主要なメーカの水栓に対応する分岐水栓は、Panasonic公式の分岐水栓ガイドで検索できるが、 ここにもうちの水栓は掲載されていなかったため、Panasonicの分岐水栓サポートデスク というところにメールで水栓の型式や写真をメールで送り、対応する分岐水栓を教えてもらった。 こちらが型式を伝えられる状況であったからか、メールでのやりとりは一往復で終了し1日ですぐに必要な分岐水栓が判明した。 あとは、この分岐水栓の取り付けマニュアルサイトで事前に取り付け方法を確認し、 取り付けたり取り外したりするのに必要と記載されているモーターレンチも同時に購入した。

取り付けはマニュアル通りにやり簡単にできた。実際には買っていなかった六角レンチも必要であったが、 これは家具を組み立てたときやラジコンを作ったときにつかったのと同じサイズの六角レンチがそのまま使えたので購入する必要はなかった。

あとAmazonで見て評判の良かった洗剤も購入した。初回なのでつめかえ用ではなくケース付きのやつ。

導入後の状況

導入後は以下のようになった。

  • 食器洗いは、大部分を食洗機に任せることができ、手で洗うのは鍋などの大きいものや、こびりつきのひどいものだけ。
  • 食器洗い乾燥機に大部分の食器を突っ込むが、汚れがひどそうなものは軽く水で流す程度のことはする。しかし、ここで丁寧に洗いすぎると効率が悪いのであくまで軽く流す程度。
  • 食洗機に食器を突っ込んだり、軽く洗ったり、鍋などを洗ったりするのにかかる時間は5分程度。その後、洗い終わりまでの時間は90分程度あるが、この間は別のことをできるので全く問題ない。
  • 洗い上がりの仕上がりは、かなり良く、むしろ手で洗うよりも綺麗なのではないかと思えるほど。
  • 平常時のメンテナンスは本体右下にある残さいフィルターをとりはずして生ゴミをぽいっと捨てるだけ。あとたまに庫内清掃用のコースで洗う。
  • 使い終わった後、邪魔にならない時間は蓋を開けておき湿気を飛ばしておく(NP-TR9の乾燥機を使うこともできると思うがそのためだけに使うのは電気代がもったいないので蓋を開けて乾燥)。
  • 内部は食器洗い時に洗われるので、当たり前といえば当たり前だけど、そんなに汚れない。

導入によって効率化した時間とそれにかかったコスト

ルンバ編のときに定義した、HKACPI(この商品に1万円出したときに1年間で何時間得するか)を計算してみる。

まず、費用は、分岐水栓も込で7万円程度。

効率化された時間は、1日15分×2回=30分であった食器洗いが1日5分×2回=10分になったので、1日20分得した。 食器洗いは毎日行うので、これを365倍し、60分で割ると20×365÷60=121.6時間

したがって、HKACPIは、121.6÷7 = 17.4

7万円出して、1年間で5日間も得したことになる。ルンバは13万円出して1年間で2日間の得であった。 ちなみに指標の示すとおりコストパフォーマンスは、ルンバの4倍以上であった。

感想

食器洗いは毎日やるもので避けられないものなので、時間の効率化という点ではかなり大きかった。しかもルンバよりもだいぶ安い。 個人的には食後のつまらない時間が楽しくなり、子どもと接する時間を増やすことができそうな気にもなった。 大満足の買い物であった。

家事の自動化 ルンバ(Roomba)編

最近、家事をやる時間が多いのだけど、この先長い人生少しでもこの時間を減らしたいと思って、細かいことも含めて自動化できる部分を自動化していくことにした。 そして工夫した点などをブログに残すので、やや大げさだが読んだ人の人生の効率化にも貢献できれば嬉しい。

まずは、定番だけどルンバ(Roomba)のお話。この話は工夫する点などなく、単に買っただけ。

ルンバ導入前の状況

ルンバを導入する前は、掃除機を使って掃除をしており、以下のような状況であった。

  • 平日に手動で掃除機をかける時間などなく、残念ながら細かい塵や髪の毛、ゴミなどは平日のうちは溜まっていく一方である。
  • 土曜日か日曜日に1時間弱ほどかけて1階と2階に掃除機をかける。
  • 賃貸だが2階建て一軒家なので、125㎡ほどあり、手動で掃除機をかけるとそれなりに疲れる。ちなみに田舎なので、家賃は広さから想像するほど高くない。
  • 掃除機をかける間は、2歳の子どもの相手をする人がもう一人必要になってしまうので、夫婦ともに時間が拘束されてしまう。
  • 土日はできればお出かけとかしたいのだが、お出かけする日に掃除機をかけてしまうと午前中はほぼ遊ぶ時間にすることはできず、お出かけは午後になってしまう。

導入したルンバの機種

リンクはAmazonにしておくが、実際はケーズデンキの店舗で購入した。 メーカー保証だと1年だが、ケーズデンキだと確か3年くらいの販売店保証がついたはず。 Amazonで買う場合も、大手電機販売店(ビッグカメラとかコジマとか)が出品しているときもあるので、出品者リストを表示して、保証が延びるところがあればそこから買うのがいいと思う。 購入した980は、2016年12月現在最上位機種であり、結構お高く、13万弱くらい費用はかかった。

ルンバ導入後の状況

ルンバ導入前は上記のような状況であったが、以下のようになった。 ちなみに私は自宅勤務なので主に2階で仕事している最中に、ルンバを起動して主な居住スペースである1階を掃除させている。

  • 平日、昼食をとったことによって多少リビングが汚れたことを想定し、昼食後に仕事に戻った後ルンバを2階から起動。980はスマホアプリでルンバを起動できるので、WiFiの設定をしておけばスマホから起動したり、掃除が終了したことをしることができる。
  • 平日に主なところは掃除してあるので、土日は手動で掃除機をかける代わりに寝室の床置型のベッドを畳んで足つきのベッドの上などにのけておき、その寝室でルンバを起動してお出かけ。
  • 平日も主な領域はきれいな状態を保てるので、日々気持ちよく過ごせる。
  • 土日も掃除機をかけるため時間(上記の準備などを含む)を大幅に短縮できる上に、お出かけと並行作業にできるので、遊ぶ時間やゆっくりする時間が1時間ほど増えた。

導入によって効率化した時間とそれにかかったコスト

導入前は、週末に1時間ほど掃除機に時間をかけていたけど、今は、その時間がほぼなくなったので、週に1回1時間の効率化ができたとする。

今後も記事を書くときに比較をしたいので、以下の指数を定義する。

House Keeping Automation Cost Performance Index (HKACPI)= 1年分の自動化された時間(h) / 導入にかかったコスト (万円)

一言でいうと、その商品に1万円出したときに、1年間で何時間得するか、である。

ホントは保守費用などを含めた指数にしても良かったのだけど、電気代などはすぐ計算できなさそうなので、めんどくさくてやめた。個人的には家事の自動化においてあまり費用は気にしていない。つまり、お金は結構かけちゃうよ、と思っているけど、後からみてどの製品が一番導入においてコストパフォーマンス良かったのかな、くらいは知りたいので、上記のような定義にしてみた。

で、早速ルンバを我が家に導入した場合に、この定義で計算してみると、 1週間に1時間分の作業を自動化できた。1年を52週とすると、1年で52時間の自動化である。これに約13万円かかっているので、52/13 = 4.0 である。

今後、他の製品を導入したときにもこの値は計算していきたい。

感想

ルンバは、HKACPI=4.0という結果が出た。この値は他の製品を導入したときも計算して今後も比較していく。今後、食器洗い乾燥機を導入する予定があり、直感的にはそっちの方が圧倒的にHKACPIの値が大きくなると想像している。あと、我が家では2,000円〜3,000円程度の小ネタツールも結構導入しているので、それらも指数を計算してみたら結構パフォーマンスがよいものが存在するような気がしている。

ルンバを導入する場合、自動化される時間そのものは当然喜ばしいのだけど、ゴミを溜めてから週末に掃除しているような人にとっては毎日清潔な部屋で生活がしやすくなる、というところに快感があり、そこの価値も大きいんだろうな、と思っている。

以上。

PyCharm内のTerminalで色々パスが通っていない状態に

PyCharmを2016.3にアップデートしたら、PyCharm内のTerminalでpipコマンドやcondaコマンド、jupyterなど、各種コマンドが入力できない状態になった。

Preference -> Tools -> Shell Path/bin/bash -login -iと設定してとりあえず動くようにしたけど、RubyMineの方は/bin/bashに設定していても普通に各種コマンドが使えるので、PyCharmやTerminalプラグインのバグなんじゃないかと思う。

f:id:sessan:20161213085829p:plain

ポリモーフィック関連でのフィクスチャの定義

class Player < ActiveRecord::Base
  belongs_to :playable, :polymorphic => true
end

class Video < ActiveRecord::Base
  has_many :players, :as => :playable
end

のようなポリモーフィック関連を定義しているとき、 fixtureには、以下のようにかけばよい。

# Video fixtures
video1:
  name: name1
# Player fixtures
player1:
  name: player1
  playable: video1 (Video)

いちいちFixtureのAPIを使って名前でidを検索して設定しなくてもOK。

DockerホストのディレクトリをマウントしたコンテナでApacheが書き込みに失敗するときの対応

qiita.com

と同じ症状で悩んでいたが、Mac OS Xのdockerだと、マウントした側のコンテナではファイルの所有者が 1000:1000ではなく、1000:staffになっていたので、

RUN usermod -u 1000 www-data \
    && groupmod -g 1000 www-data

ではなく、

RUN usermod -u 1000 www-data \
    && usermod -G  staff,www-data www-data

のようにして、www-dataのユーザーIDを1000にし、www-dataをstaffグループとwww-dataグループの両方に追加することで、コンテナ側からもホストのディレクトリに無理やり書き込めるようにした。