sessanの日記

主に開発技術関連でお勉強したことをまとめていくサイトです。

pyenvのインストール

久々にPythonの環境をちゃんと作ろうと思い、自分用のメモ。

rbenvと同じような使い方をしたいので、公式サイトの手順に従ってhomebrewでpyenvをインストール。 GitHub - yyuu/pyenv: Simple Python version management

$ brew update
$ brew install pyenv

brewでpyenvをインストールしたときのメッセージにしたがって、.bash_profileに以下を追加する。

if which pyenv > /dev/null; then eval "$(pyenv init -)"; fi

brewでインストールしたときのメッセージを再表示したいときは、以下を実行

$ brew info pyenv

python 3でPyramidが動作するバージョンでも入れてみる。

$ pyenv install 3.2.3

稼働中のDockerコンテナにターミナル接続をする

稼働中のコンテナ上でコマンドを実行するためにdocker execを使う。

その上で-itオプションを指定し、/bin/bashを使う。

exec コマンドの書式は以下の通り。

$ docker exec (option) (コンテナ名) (コマンド)

実際に使うコマンドは以下のような感じ。-iはinteractiveで、-tはttyの略。

$ docker exec -it my_container /bin/bash

Mac上のDockerホストのIPを確認する

初歩的なところから記憶に残すためにメモしていく。

MacではネイティブでDockerが動作しない。

Docker Toolboxをインストールすると、VirtualBox上にboot2dockerというlinux端末が作られ、それをDockerホストとして、コンテナが作成される。

このDockerホストの情報は、Mac上からはdocker-machineのコマンドで確認できる。 DockerホストのIPを確認したい場合は、docker-machineのipコマンドを指定する。

$ docker-machine ip
192.168.99.100

最近読んだ本

iPad miniを買ってから最近は電子書籍ばかり買っている。

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版

詳解 WordPress

詳解 WordPress

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

WordPressによるWebアプリケーション開発

WordPressによるWebアプリケーション開発

プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化

プログラマのためのDocker教科書 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化

共働きの育児

今日のは、全く技術的な話ではなく、日常の話。

まだ子供は0歳だけど、4月から子供を保育園に預け、夫婦共に仕事をしている。 しかし、これが思っていたより大変である。

まず何が大変かというと、子供が風邪をひきまくる。 平均すると1.5週間に1回くらい風邪をひいていると思う。4月から既に10回近く休んでいる気がする。 ちなみに保育園に入る前は一度も風邪をひいたことはなかった。 37.5度の熱を超えると保育園が子供を預かってくれないから、どっちが会社を休むか決めて休むのだけれども、いかんせん頻度が多いため、仕事も思うように進まない。

あとは、家事もやらないといけない。もちろん、夫婦で分担してはいるのだけれど、それぞれ仕事を終えて返ってきているので、残業をしているようなものである。子供が生まれる前も家事は当然あったが、やることはかなり増えている。 保育園から帰ってくると大量の洗濯物が返されるのだが、毎日これを洗わないと次の日の保育園に持っていくシャツがなくなったりする。 子供のお風呂も毎日入れている。離乳食を食べさせた後は、かなりリビングが散らかるので、椅子やテーブル、床を拭き掃除しなければならない。

こういった家事をやっている間、子供がおりこうに待ってくれるわけもなく、相手をしながらこれらをこなすのである。

寝かしつけは、基本的には母親のおっぱいを飲ませながらやるので、自分の負担は少ないが、どうしてもおっぱいで寝てくれない時には、自分が抱っこ紐をつけて、眠りが深くなるまでうろちょろする。

子供は2人欲しいなー、とか思ってはいるのだけど、1人目を作るのが遅かったのと、今こういう状況の中、1人目がまだ小さいうちにもうひとり育てるのは地獄のような日々だろう。共働きで2人の子供を育てている人は、本当に尊敬する。

なんとも内容のない日記をかいたな・・・。

最近の読書

雑多に色々読んだ。 RailsばっかりやっているとRubyの正しい言語仕様がわからなくなるときがあるので、復習をしようと思い、とりあえず「たのしいRuby 第4版」を購入し、読んでみた。大昔に読んだ第1版よりも読みやすくなっていてスラスラ読める。知識が前よりも増えたから、というのもあるだろうけど。

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

パーフェクトPHP (PERFECT SERIES 3)

実践 Selenium WebDriver

実践 Selenium WebDriver

たのしいRuby 第4版

たのしいRuby 第4版