sessanの日記

主に開発技術関連でお勉強したことをまとめていくサイトです。

gitのローカル、リモートブランチを削除する

開発を長く続けていると、リモートブランチとローカルブランチが増えてきて、見づらくなる。
そこで、ブランチを消すやり方を調べたのでメモっとく


まずは、ローカル・リモートブランチ一覧の確認

> git branch -a
master
sub_branch
remotes/origin/master
remotes/origin/sub_branch


ローカルブランチを消すときは、以下のようにする

> git branch -d sub_branch
Deleted branch sub_branch (was adff95b).

リモートブランチの削除にはpushコマンドを使う。
普段ローカルブランチをリモートにpushするときは、以下のようにするが

> git push origin master

これは、実は

> git push origin master:master

の省略で、ローカルのmasterブランチをリモートのmasterブランチにpushする、という意味(master:masterのところの左側がローカル、右側がリモート)。

では、リモートブランチを消すときはどうするかというと、

> git push origin :sub_branch
To git@hogehoge.com:hogehoge/origin.git
 - [deleted]         sub_branch

とします。

ローカルブランチを指定せずに、リモートブランチだけを指定するとリモートブランチが消えるってことのようです。わかりにくいね。git branch -r -d hogehogeとかやりたい。