sessanの日記

主に開発技術関連でお勉強したことをまとめていくサイトです。

MacPortsでpythonのバージョンを切り替える

最近は、MacPorts使っている人少ないと思うけど、自分は途中でHomebrewに切り替えるのが嫌で渋々使っている。ただ、pythonのバージョンを切り替えるときは、Portsで使えるpython_selectが便利だったので、紹介。たぶん、今、これを使っている人はあんまりいないと思う。

今だと、
virtualenvvirtualenvwrappervirtualenv-burritoとかを使うのが主流っぽい。


python_selectはportコマンドから以下のように使う

  • 選択可能なpythonのバージョンを見たいとき
> port select --list python

Available versions for python:
	none
	python25 (active)
	python25-apple
	python26
	python26-apple
	python27
	python27-apple
  • システムで使うデフォルトのpythonのバージョンをpython 2.5にしたいとき
> sudo port select --set python python25

Password:
Selecting 'python25' for 'python' succeeded. 'python25' is now active.

ちなみに、python自体のインストールはそのままportを使う。たとえば、python2.5系の場合は、以下。

> sudo port install python25