山奥の自宅勤務エンジニアブログ

システム開発技術、データ分析関連でお勉強したことや、山奥生活を綴る、テンション低めなブログです。

TestFlightを使ってモニターユーザーにアプリを配布する

TestFlightとは

エントリのタイトルの通りですが、iOSのアプリケーションを開発環境を持たないモニターユーザーに配布するためのWebサービスです。以下の様なことができます。

  • テストユーザーの管理
  • 管理しているテストユーザーにアプリケーションを一括配布して、インストールしてもらう
  • テストユーザーが配布したアプリケーションをインストールしているかどうかを確認

詳しくは、TestFlight » Beta Testing On The Flyを参照してください。

アプリのビルドから配布の流れ

TestFlightへのサインアップ

TestFlight » Beta Testing On The Flyからサインアップしてください。

チームの登録

f:id:sessan:20131017203822p:plainf:id:sessan:20131017203852p:plain

配布用の証明書の作成

iOS Dev Centerで配布用の証明書を作る。Developmentではなく、Productionで作る。
f:id:sessan:20131017204436p:plain

配布用のプロビジョニングプロファイルの作成

Ad hoc配布用に作る。
f:id:sessan:20131017204153p:plain
App IDを指定。
f:id:sessan:20131017204246p:plain
さっき作った配布用の証明書をプロビジョニングプロファイルに指定。
f:id:sessan:20131017204552p:plain

最後に、配布対象の端末を選択する。あとでチームを増やした場合は、この部分は再度追加してプロビジョニングプロファイルを作りなおすことになる。
f:id:sessan:20131017204637p:plain

Xcodeで開発者アカウントの情報を更新しておく

f:id:sessan:20131017204742p:plain

ipaファイルの作成

Build Settingでreleaseの証明書をiOS Distributionに変更しておく
f:id:sessan:20131017203915p:plain

そして、アーカイブを作成する。
「iOS Device」を選択して、
f:id:sessan:20131017203949p:plain
「Product」→「Archive」を選択する。
f:id:sessan:20131017204123p:plain

オーガナイザーでアーカイブを選択して、右上のDistributeを選択f:id:sessan:20131017204927p:plain

プロビジョニングプロファイルを選択
f:id:sessan:20131017205128p:plain

ipaファイルをTestFlightにアップロード

f:id:sessan:20131017205223p:plain

チームメイトを招待

f:id:sessan:20131017205306p:plain

招待中の人のステータスも確認できます。
f:id:sessan:20131017205518p:plain

招待したチームメイトにアプリを配布

アップロードしたアプリの画面のpermissionのところで、配布する人にチェックをして、配布メールを送ることができます。

f:id:sessan:20131017205721p:plain

配布リストを作っておくこともできます。